参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

記事詳細

党首討論 (2008/11/28)


 麻生太郎総理が誕生して初めての党首討論の応援傍聴をいたしました。

 『政治空白は作らない。「政局より政策」というならば、約束をした第二次補正を出すべき。』、『第二次補正予算を出さないのなら、総理就任時に言及した解散をやるべき』と小沢代表は論理的に質しておりました。

 党首討論を行った衆議院第1委員会室は与野党の応援議員で満杯。熱気とヤジと怒号で討論が聞こえないほどです。小沢代表に精一杯声援を送りました。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ