参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

拉致問題特別委員会で質問


 久しぶりに開催された拉致問題特別委員会。

そこで3回目となる質疑をした。

質疑1

質疑2

質疑3

質疑4

今日の質疑のポイントは2つ。

1. 小泉初訪朝時、外務省の田中均アジア大洋州局長の交渉相手となった、北朝鮮の「ミスターX」がどのような組織に所属する人物だったのか、中曽根外相、河村官房長官は知っているのか否か。

2. 知っているのであれば(知らないことは許されないのだが)、ミスターXを交渉窓口としたことをどのように評価しているのか。

 

過去の日本の対北朝鮮交渉には、ひとつの許されざる特徴がある。

それは北朝鮮外務省の外交官ではなく、一貫して工作機関や秘密警察所属の人物を交渉相手としてきたことだ。

外交官と工作機関要員。その違いは何か。

交渉相手との「信頼」を基調とした交渉を行うか、そうでないかである。

そのため、米国は一貫して北朝鮮外務省を交渉窓口としている。

 

北朝鮮の工作機関とは統一戦線部と呼ばれる対南工作を任務とする組織であり、

秘密警察とは国家安全保衛部という組織である。

日本は95年頃からの対北朝鮮交渉で、

まず統一戦線部担当の書記だった金容淳(キムヨンスン)、更には同部要員だった黄哲(ファンチョル)を窓口とし

この間、金容淳の失脚を防ぐために大量のコメ支援を行った(その結果がどのようなものだったかは、質疑の映像をご覧頂きたい)。

また続いて国家保衛部幹部で当時46歳の「ミスターX」を交渉相手とし

拉致実行を「認定」すれば(拉致被害者全員を帰国させれば、ではなく)

03年1月1日から国交正常化し

北朝鮮に100億ドルの経済支援を行うことを記した「覚え書き」を手交していたと言われる。

こうした過去の交渉の異常性を理解してこそ、今後の交渉への教訓として活かされるのである。

 

質疑において、中曽根外相、河村官房長官が何と答えたか、

またこうした過去の交渉の実情を理解しているのかどうか。

映像をご覧頂きたい。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ