参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

記事詳細

外交防衛委員会(2009/5/26)


 委員会前日、北朝鮮による核実験強行のニュースが世界を駆け巡りました。風間直樹も、この日のために考え抜いた質問事項を急きょ北朝鮮問題に差し替え。政府の認識と今後の対応を質問の中心にすえました。新聞に引用されましたので以下紹介します。

 「浜田防衛相は26日午前の参院外交防衛委員会で、北朝鮮の核実験に関し、「北朝鮮は核兵器を弾道ミサイルに搭載する努力をしていると考えられる。比較的短期間のうちに、核兵器の小型化、弾頭化の実現に至る可能性も排除できない」と述べた。民主党の風間直樹氏の質問に答えた。」(『読売新聞』2009年5月26日)

 その後谷内正太郎政府代表に対して、いわゆる「3.5島返還」発言の真意を問いただしました。最後に「防衛省設置法等の改正案」について質問。風間は自衛隊に対する国民の信頼回復のためにも、自衛隊の海外活動をもっと深く記録し、学者によって調査され、公表されることでその意義を問い質す必要性を指摘しました。

 

掲載紙 → クリックすると新聞掲載記事がPDFで表示されます

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ