参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

記事詳細

参議院本会議代表質問(2009/5/27)


 初の参議院代表質問を行いました。

 10時から始まる本会議の直前、議員総会にて決意表明。

 総理大臣、外務大臣、防衛大臣ら政府首脳が居並ぶ中、初めての本会議檀上でヤジや罵声を浴びせる与党議員をにらみ返しつつ、代表質問を無事終えることができました。

 本会議では、政府の答弁が不十分であることから、再び質問を行うという異例の事態が。

 振り返れば、当初は5月11日頃に予定されていた代表質問が、流動する国会事情によって何度も延期。その分、十分に原稿を練ることが出来ました。しかし25日の北朝鮮核実験によって、質問直前にこの問題を取り上げるべく原稿の練り直し。なにからなにまで波乱に満ちた本会議初登壇でした。

 本題の海賊対処法案に関しては、自衛隊を海外に送り出すのなら国会できちんと同意するべきである点を強調。また、武器使用の可能性に関して、総理の発言に見られる様々な矛盾を指摘しました。本案に関しては引き続き外交防衛委員会で粘り強く質問をつづけます。

 

掲載紙 → クリックすると新聞掲載記事がPDFで表示されます

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ