参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

記事詳細

外交防衛委員会(2009/06/18)


 本日は海賊対処法案の締めくくり総括質疑。第一委員会室で全国中継されるNHKカメラに見守られながら、麻生総理大臣、金子国交大臣、中曽根外務大臣、浜田防衛大臣に質問を行いました。

 風間の論点を簡単にまとめるならば、次の2点です。

1.自衛隊の海外派遣には、国会の同意が必要である。

2.そのためには、自衛隊派遣の目的、派遣期間などは当然のことながら、海外における活動を常に国会議員や国民に説明しなければならない。

 残念ながら、政府の対応はこの2点のいずれも欠いたものでありました。しかし今回は全国中継です。風間はテレビを通して、次のように全国に訴えました。多少長いですが引用いたします。

 

「恐らく国民の皆さんは国会議員であれば与党議員、野党議員を問わず国政調査権を基に政府に対して様々な情報提供を要請し、政府、官僚もそれに基づいていろんなデータを渡しているんだろうと、こう期待をされていると思うんです。しかし、事実は違うんです。我々野党には少なくともほとんど自衛隊の海外派遣に際して本質的な重要なデータ、資料は政府から提供されていません。その中で、こうした極めて重要な自衛隊の海外派遣の審議に際して、政府案に基づきそれを承認してくれと言われましても、私どもはそれに対してイエスと言うことは困難であります。

 もし、私どもがそれに同意をするのであれば、やはり政府には今引き合いに出しましたように真に持っていらっしゃる情報、データをこの国民を代表する国会の場に出していただきたい。そして、情報公開されたものに基づいて真摯な議論を行い、自衛隊を派遣するのであれば国会報告が適当なのか、あるいは事前承認が必要なのか、そのことの審議を、率直に議論したいと思うのであります。」

掲載記事 ← クリックするとPDFで記事が表示されます

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ