参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

政権交代への動き


参議院で問責が可決され、国会審議が事実上終わったのを契機に霞ヶ関は一斉に人事の季節へ。ここのところ、各省幹部が頻繁に新任転任の挨拶に来る。これまで野党議員の事務所には来なかった次官クラスまで訪れるようになり、政権交代を控えた動きを実感する。

 

12時 都内ホテルで党首脳と昼食会。総選挙に向けた準備の話しかと思ったが、以外とくだけた話題でリラックスしたランチとなる。ただ会話の端々に政局情報も含まれ、貴重なひとときに。

 

19時 独立系ジャーナリストとの夕食会。

 

19時半 麻布の焼鳥屋で、来日中の米国政府高官と夕食会。政権交代した場合、民主党が外交政策をどう転換するのかについて、密度の濃い会話が交わされる。米側出席者の中に、どこかで会ったことがある人物が。記憶の糸を手繰り思い出す。2006年、米国IVプログラムに参加して訪米した際、ワシントンで説明に当たってくれた政府の日本担当者だ。当時の親切な対応に礼を述べる。訪米当時のユニークなエピソードを紹介すると皆大笑いし場が盛り上がる。その後、オバマ政権の対北朝鮮政策、日米安保条約の適用範囲の変遷について米側の認識を尋ね更にいわゆる核密約問題について政権交代後の私案を話す。22時お開き。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ