参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

迫真の質疑と日米核密約


私が所属する参議院 外交防衛委員会は他の委員会と異なることが二つある。まず質疑者も答弁者も着席のままでいいこと(何とこれは昭和34年以来の慣行!)。そして質疑の前後に拍手がないこと。ただし秀逸な質疑には拍手が贈られる。

 

 今日の委員会で最初に行われた犬塚直史委員の質疑には大きな拍手が贈られた。内容は日米の核密約。ライシャワー駐日大使と大平外相(いずれも当時)の間で1963年に交わされた核密約を日本政府は否定し続けているが、昨日の新聞には村田元外務事務次官が実名でこの密約の存在を肯定したことが報じられた。それを受けての犬塚委員の質疑は米側機密資料を基に、密約を認めるよう政府に迫る迫真の内容だった。

 

 密約の中身は、核を搭載した米艦船が日本に寄港した際、日本はその事実を黙認する、というもの。日本には非核三原則(核をつくらず、もたず、持ち込ませず)があることから、寄港はこれに抵触する、という批判を恐れ、政府は密約の存在自体を否定している。この密約が存在するのか否かの確認と、存在する場合にそれをどう扱うのかは、政権交代した際に大きな課題となるだろう。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ