参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

代表選挙に向けた動き


昨晩は遅くまで同僚議員らと会合。

 

今回の代表選は日程が極めて短いため、速やかな情報分析と判断が求められる。菅副総理が出馬表明したことに関し、党内各グループの「声」が耳に入ってくる。状況の方向性は概ね収斂しつつある。夕方から深夜にかけての複数の会合でそのことを見極め、帰宅。

 

私は次の点が大切だと考えている。
1)代表選挙を実施すること。無投票の代表は結果として党内基盤が弱くなり、果断な政策遂行が難しい。
2)立候補者は国民に対し、政策の方向性(マニフェスト修正を含む)、党運営の理念、を明確な言葉で伝える必要がある。
 (鳩山総理への支持率低下は、その統治能力への疑問が大きな原因。こうした懸念も払拭するためにも、この点は必要だ。)

 

今日16時が立候補受付だ。午前中に立候補者は固まるだろう。
今晩も遅い夜になりそうだ。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ