参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

本会議と野次


通常国会が始まった。

1月27日、28日と、参議院本会議で代表質問。


昨年の参議院選挙後、本会議場の議席が変わり、私は議場のほぼ中央席に。

ところがこの席、少々問題がある。

自民党席との境目で野次が凄まじく、総理と閣僚の答弁がほとんど聞こえないのだ。


特に、通路を挟んで二つ隣に関西選出の議員。さらにその後方に教員出身の議員。

このお二人を筆頭に、最近の自民党からの野次は容赦がない。人格攻撃に誹謗中傷。

さすがに「そこまで宰相をけなすのか」とげんなりする。

答弁が聞こえないので、翌日の新聞でやり取りを確認せざるを得ないほど。


我々民主党だって、野党時代も今も野次を放つ(温厚な私を例外として)。

しかし野次とはいえ、やはり品格を欠いてはいけない。

最近の自民党からの野次は、「良識の府」参議院としていかにも恥ずかしいと思う。


そんな中、自民党議員の中にも良識的な意見があることを知り、少し安心した。

http://www.taro.org/2011/01/post-903.php


与野党を問わず、他党議員の指摘に耳を澄ます。そして的を得た内容であれば採用し実行する。

お互いにそんな姿勢があってこそ、国民生活に資する政治ができるのではないか。

今後もねじれ国会が続く中、足の引っ張り合いはもうやめたい。

国民のために政治をしよう。



  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ