参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

地震対策本部総会で発言

12時過ぎから、全議員出席の党地震対策本部総会。

閣僚、党幹部も出席。

この場で私から以下の発言をする。

 

 

 

1. 12日未明、震度6の地震により新潟、長野も被災した

 

道路、鉄道は崩落し、多くの世帯が避難所生活。

被災地では「東北の方々に比べれば」という声も聞かれるが

復旧が必要になることは論を待たない。

この点への認識と配慮をお願いする。

 

併せて、気象庁命名の「東北地方太平洋沖地震」は、被害地域の認識をミスリードする。

東北地方に加え、より広域が被災していることから「東日本大震災」といった呼称を党内でも用いてほしい。

 

 

2. 統一地方選を予定通り実施することには疑問の声が多く聞かれる

 

東北の被災地では延期されたが、新潟の場合、被災地もあり、かつ8千名方々が避難してきている。

こうした状態では選挙中の街宣活動も憚られ、有権者も投票の判断基準をもつことすら難しい。

やはり延期を検討すべきではないのか。

 

 

3. 震災復興財源には子供手当て等も充てるべき

 

国家の緊急時であり、子供手当て等の財源も充てるべきだ。

民主党はこの点慎重だ、と報道されているが、理由がよく分からない。

本当に慎重ならば、その理由も明示すべきだ。

 

 

これに対し、玄葉光一郎国家戦略担当大臣より

「今回は1000年に一度の大災害とも言われ、『予算がこのままでいいのか』という声は当然出てくる。

皆で知恵を出して対応を考えよう」と。

 

 

緊急時、政治は緊急的対応を取らなければならない。

決断を速やかに行うことが政治家の責任だ。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ