参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

地震名称の変更と韓国政府からの支援

今日、政府は今回の地震の名称を正式に「東日本大震災」と変更し

菅総理が夕刻の会見で正式に表明された。


3月24日付ホームページの「活動報告」とブログでも記したように

私は同日の民主党議員総会でこの呼称変更を政府・党に要請した。

私の提案を採用してもらったのかどうかは別として

真摯に対応いただいた菅総理、玄葉国家戦略担当相に感謝したい。


ところで明日朝8時、新潟港に韓国政府提供の支援物資が到着する。

水484トン、御飯10万個、ノリ45000。

これら物資は到着後、世界食糧計画(国連機関)の手でただちに仙台に運ばれる。


3月13日、韓国のある友人から「何とか被災地の方々のお力になりたい」と

一本の電話が入った。そしてこの支援物資輸送計画は始まった。

途中、幾多の混乱に阻まれながらも日韓双方の熱意は18日に実を結び

19日京都で開催された日韓外相会談で金星煥(キム・ソンファン)外交通商相から

正式に申し出が行われた。


この間物資提供にお力添えいただいた韓国の友人たち、青瓦台(大統領府)、外交通商部、在日韓国大使館の方々に心からの感謝をお伝えしたい。

また尽力頂いた日本外務省、在ソウル日本大使館の皆さんに御礼を申し上げたい。


484トンの水は何人の喉を潤すことができるだろう。

10万食分のご飯でどれだけの方々に元気が戻るだろう。

45000の韓国ノリは被災地の皆さんに喜んでもらえるだろうか。

一刻も早く、これら物資を被災者の皆さんに届けたい。

明日は私も新潟港に向かい、釜山港から入る輸送船を迎えようと思う。


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ