参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

今日の出来事


10時〜11時30分 「民主党参議院 東京電力、保安院、原子力安全委員会からの現状報告会」

多くの議員から厳しい質問が飛ぶ。東電の資料によると津波から16時間後の2日7時頃には1号機はほぼ完全にメルトダウンしている。3月12日の夜、国会内で官房副長官、総理秘書官から説明を聞いたときには既にメルトダウンか、と記憶を辿りながら衝撃を受ける。保安院、原子力安全委員会に菅総理にメルトダウンを報告した日時を尋ねるも要領を得ず。24日に東電が分析報告書を公表したが、その内容を精査しなければいけないと思い、秘書に新聞各紙の関連記事収集を指示する。


11時30分〜13時 駐日外交官との会食

赤坂で和食を食べながら最近の国際情勢について懇談。余談で、同国では外交官採用後の研修で社交ダンスの講習が行われると聞き、目を丸くする。自動車免許も取らせてくれるそうだ。国によってこうも違うものだと感心した。同国には何回かお邪魔しているが、確かに外交官はみな気さくで優秀だ。



14時 外国人企業経営者による表敬訪問

14時30分 行政監視委員会調査室との打ち合わせ

15時 ODA特別委員会

16時 国土交通部門会議 寺島実朗氏講演



16時30分 佐藤優氏との輪読会『ルイ・ポナパルトのブリュメール18日』(カール・マルクス)

ナポレオン3世治世下のフランスを描いた古典。佐藤氏の解説で読み進めると当時のフランス世相が鮮やかに蘇る。政体の変遷に伴う社会の安定・動揺・混乱というプロセスは古今変わらないことを実感。



18時〜20時 岡崎久彦元大使との勉強会

キッシンジャーの名著『外交』(上下巻全31章)を読み進める勉強会。この日のテーマは「帝国の衰亡」。大英帝国、米国の興隆について議論。勉強会の講義録は月刊誌「正論」に連載されています。


目が回るほど多忙な一日だった。


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ