参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

秋の合宿準備



岡崎久彦元大使を講師に迎え、毎月開催している「外交」研究会。

定例会ではキッシンジャーの『外交』各章を繙いているが、今月下旬に合宿を開催する。

研究課題は陸奥宗光著『蹇蹇録』 。そこで今日はその準備に時間を費やす。


言うまでもなく『蹇蹇録』は日清戦争について当時の外相・陸奥が記した回顧録だ。

岡崎元大使は「チャーチル、キッシンジャーも凌ぐ世界最高のメモワールと言って良いかもしれないと、私は真剣に思っている」と仰る。正にその文章の美しさ、表現の的確さは随一、また伊藤博文総理との交信、議論の詳細と重要局面における各々の判断・理由が記されている。外交とは何かを余すところなく示した比類のない名著だと思う。


手元にある中公バックス版は昭和59年7月の初版本。私が高校生の時分に購入したものらしい。


日清戦争は1894年7月開戦、翌95年4月講和。外交指導の多忙さから体を病んだ陸奥は6月から大磯で療養、12月『蹇蹇録』脱稿、そして97年8月、54歳で亡くなっている。命を刻んで日本外交の采配にあたり、しかも講和から半年余りで回顧録を記すという偉業には敬服するほかない。


合宿では再度熟読し、実りある議論を行いたいと思う。



  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ