参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

サイバーテロと私的経験



今朝の朝日新聞1面「衆院にサイバー攻撃」には注目しました。


国会議員事務所には、それぞれの院からラップトップが3台ずつ提供されます。このPCを通して各党内(主として政策会議情報)のメール連絡などが行われます。議員自身が使うかどうかは各議員の判断に委ねられています。


私は安全上の理由からこれを使っていません。最近は来なくなりましたが、私が使っている私物PCには、以前役所の秘密文章を示唆するSPAM(添付ファイルはたぶんウィルス)が頻繁に送られてきたことがありました。どこからだろう?と訝っていたのですが、ある時農水省を装ったメールに「農商部」とあったことから謎が解けました。おそらく私が某国に出張して名刺交換した際、名刺に記載のアドレスからこうしたメールを送ってきたのでしょう。少々驚いたのは、私が名刺交換したのはすべて当該国政府関係者だったということです。また昨年は私のHPが外部から攻撃され、一時閲覧できなくなりました。


以前ハーバード大学ケネディスクールの安全保障プログラムに参加した際、約30コマある講義のひとつが「サイバーテロ」でした。内容は大変濃密で米国がサイバーテロ対策を徹底して行っている状況に理解を深めました。


日本のサイバーテロ対策が急務であることは論を待ちません。所属する参議院外交防衛委員会で政府に対策を促す考えです。


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ