参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

記事詳細

富山県氷見市の陳情要望に対応(2012/7/25)


富山県氷見市の堂故市長より、原子力防災対策の強化等ついて、要望をお受けしました。

富山県では6月に初の原子力防災訓練を石川県と合同で実施し、原発の緊急防護措置準備区域(UPZ)が30キロ圏内に拡大されるのを踏まえ、氷見市から高岡市へ住民を避難させる訓練も行っています。地域防災計画に強い意識を持ち取り組まれていることをお聞きしました。

風間議員は、国の原子力防災対策について抜本的に改革をしていくべきと述べ、今後、明確なエネルギー方針を掲げ、国民の皆様が納得できる方策を示しつつ、きめ細かに説明をしていく必要があることをお伝え致しました。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ