参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

「専門員」の人事で国会法が誠実に執行されていない


参議院事務局の調査室長である「専門員」の人事について、国会法の規
定が「形骸化・空文化している」(=法律が誠実に執行されていない)
という山下栄一議員による指摘です。

●国会法
第四十三条 常任委員会には、専門の知識を有する職員(これを専門員
という)及び調査員を置くことができる。

この問題は現在でも変わりません。

特に参議院改革協議会で「参議院の行政監視機能」の強化が議論されて
いる中、極めて重大な問題と言えます。

「行政監視とは何か」、きちんと答えられる人物を組織のトップに就け
なければなりません。

専門員の人事について・参議院決算委員会