参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【統治機構の本質論が重要です】


https://www.nippon.com/ja/in-depth/a04402/

 

              平成政治における参議院の役割

 

              「拒否」、「従順」の間を揺れ動く

 

              大山 礼子

 

「参議院が本来の役割を果たすためには何が必要なのか。国会審議のなかで与野党の意見を調整し、合意を調達できるようにするには、どうすればよいのか。与野党双方がねじれの悪夢を経験した現在、次のねじれが出現する前に必要な制度改革を検討し、実行に移すことが急務であろう。」

 

とあります。

 

著名な学者の意見ですが、まず「参議院の本来の役割とは何か」を考えることから始めなければなりません。

 

何を目的とする会議体か不明確では、合理的な「制度改革」の議論になるはずがないからです。

 

「新憲法研究会」では統治機構の本質論を重要視しています。

 

こちらご覧ください。

 

「国会の行政監視機能-国の統治機構はどう在るべきか-」(4~5頁)「国会の行政監視機能-国の統治機構はどう在るべきか-」

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ