参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【大島衆院議長、国会軽視を憂慮・・・・・「主権在民の国会は本来どうすべきだったのか」】


https://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/474894/

西日本新聞ニュース政治

大島衆院議長、国会軽視を憂慮 政府に注文「入管法は粗い」

20181221 2149

「不祥事が相次いだ通常国会を巡り安倍内閣に反省と改善を促す異例の所感を公表したのと同様、国会軽視と言われる事態を憂慮し、再び注文を付けた格好だ」

とあります。

 

衆参の議院運営委員会は、直ちに「主権在民の国会は本来どうすべきだったのか」を議論すべきです。

また来年の常会では、憲法審査会で「国会の存在意義」をテーマに「議会拒否権」を最重要論点として議論を行うことを提案します。

特に参議院では、行政監視委員会で「行政統制の在り方」をテーマに「参議院の行政監視機能強化の具体策」を最重要論点として議論を行うべきである、と考えます。

 

以下ご覧ください。

http://www.kazamanaoki.com/2018/12/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E9%95%B7%E3%81%AE%E7%95%B0%E4%BE%8B%E3%81%AE%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E6%86%B2%E6%B3%95/

【衆議院議長の異例の発言について・・・・・憲法41条を議論せよ】

20181206

新憲法研究会

http://www.kazamanaoki.com/2018/12/%e3%80%90%e5%85%a5%e7%ae%a1%e6%b3%95%e3%80%81%e4%b8%8e%e5%85%9a%e5%86%85%e3%81%a7%e3%82%82%e3%80%8c%e7%94%9f%e7%85%ae%e3%81%88%e3%80%8d%e6%87%b8%e5%bf%b5%e3%80%91%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb/

【入管法、与党内でも「生煮え」懸念・・・・・「行政監視システムの構築」と「議会拒否権制度の導入」を急がなければなりません】

20181208

新憲法研究会