参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【国民主権の下、国権の最高機関の国会がつくる議院内閣制にふさわしい「法の番人」を実現する法整備を行うべきである】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000001-asahi-pol

横畠氏、回答避ける答弁15回 立憲・小西氏に再び応酬

3/13() 0:12配信

発言の目的や動機について横畠氏は「国会議員の発言に行政府にある者が評価的なことを申し上げるべきではない」といった答弁を15回繰り返した。

 

誠実な答えとは言えず、内閣法制局長官としての資質が問われる状況ですが、そもそも内閣法制局設置法には任命要件が定められていません。

どのような人物が選ばれるべきなのか、法の規定がないのです。

今回の事件を踏まえ、国民主権の下、国権の最高機関の国会がつくる議院内閣制にふさわしい「法の番人」を実現する法整備を行うべきと考えます。

どのような内閣であろうと、事件は繰り返される可能性があるからです。

以下もご覧ください。

http://www.kazamanaoki.com/2019/03/%E3%80%90%E5%86%85%E9%96%A3%E6%B3%95%E5%88%B6%E5%B1%80%E3%81%AE%E5%9C%A8%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%AF%E3%80%81%E3%80%8C%E8%A1%8C%E6%94%BF%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A6%B3%E7%82%B9%E3%81%8B/

【内閣法制局の在り方は、「行政監視」の観点から検討されるべき問題です】

20190311日 新憲法研究会

http://www.kazamanaoki.com/2019/03/%E3%80%90%E6%A8%AA%E7%95%91%E5%86%85%E9%96%A3%E6%B3%95%E5%88%B6%E5%B1%80%E9%95%B7%E5%AE%98%E7%99%BA%E8%A8%80%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E9%9A%9B%E3%81%AE%E9%87%8D%E8%A6%81/

【横畑内閣法制局長官発言問題を考える際の重要事項】

20190310日 新憲法研究会

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ