参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【情報公開法は「主権者国民に対して誠実に」執行されているか】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000109-mai-pol

麻生氏「判決内容を精査」 森友学園巡る開示請求訴訟

3/15() 21:38配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000061-kyodonews-pol

政府、報道室長の司会「適切」 長官会見で答弁書

3/15() 11:39配信

 

・いずれも「政府と官僚機構が主権者国民に対して法(憲法と法律)を誠実に執行することを確保する」という「行政監視」の観点から検討されるべき問題である、

・情報公開法は「主権者国民に対して誠実に」執行されているか、が最重要論点である、

・「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」の目的規定を改めて読む必要がある、

と考えます。

 

●行政機関の保有する情報の公開に関する法律

(目的)

第一条 この法律は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ