参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【今、本当に必要なことは、法(憲法と法律)を「主権者国民に対して誠実に」執行することです】


与党の審議拒否は、国会制度の想定を超えた蛮行。これこそが「サボり」である
4/18(木) 8:33配信
憲法審「5月以降はワイルドに」=萩生田氏が発言、野党反発
4/18(木) 19:33配信
 
与党が憲法・国会法・衆参規則を誠実に執行していない状況の中で、憲法改正の議論を進めようとするのは、まさに「蛮行」「ワイルド」であり、民主主義に反する国会運営であると考えます。
今、本当に必要なことは、法(憲法と法律)を「主権者国民に対して誠実に」執行することです。
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ