参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

ニュース

News

70年目を迎えた終戦の日に寄せて


今日の言葉 「戦争の本質を知らない人間がバッジを着けて政治をしている。集団的自衛権の名の下に現場に行けば、死がつきまとう。現代の人はこのことに無頓着だと思う」宮城県 本郷勝夫 91歳 琉球新報8月2日付より       我々...

【特集】「国民が知らない会計検査院の天下り」

去る4月13日、会計検査院の天下り問題について質疑を行いました。 この問題を取り上げるのは、昨年5月の質疑(決算委員会)に続き、2回目となります。 質疑では、政府が公表した平成26年度の再就職者(10名)について、ひとりひとり会計検査院に再就職の経緯を確認しました。 「この方は最終官職が⚪︎⚪︎で▲年▲月▲日に株式会社◻︎◻︎に再就職し、ポストは×&tim...

3/14 北陸新幹線開業 

3月14日、北陸新幹線が開業しました。私は当日、東京駅始発の新幹線で地元に戻りましたが、東京駅ホームも沿線の駅も、新幹線に乗る人、見物する人で大混雑。期待の大きさを感じました。

さて、今回の新幹線開業は、この地域から東京へ、そしてアジアへの扉が開かれたことを意味します。昨年の訪日外国人は1341万人、消費総額は2兆300億円。前年に比べて44%の増加です。円安効果による、いわゆる「爆買い」...

鼎談「集団的自衛権と憲法改正 解釈改憲の陥穽を指摘する」 風間直樹参議院議員、ポール室山氏、荒井達夫氏

去る2014年11月、集団的自衛権の解釈変更問題を巡り、この問題に詳しい3人の専門家による鼎談が行われました。 ここにその記録を掲載します。 ポール室山氏: ワシントン在住の政治アナリスト。 『ライジングジャパン』中央公論新社、『ワシントン政治を見る目』中公叢書 著者。 氏のワシントン政治分析には内外から高い評価が寄せられており、 特に週刊Washingt...

11/13財金 風間議員質疑 ロイター通信記事アップ


  昨日の黒田日銀総裁との質疑を詳報するロイター記事です。かなり厳しくやったのですが、意外にも質疑後、財務省関係筋から「よく言ってくれた」と強い反応があったのには驚きました。   http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBodyPI.php?url=http://jp.reu...

委員長就任に際して 


  臨時国会召集日の9月29日、「参議院沖縄問題および北方問題特別委員会」委員長を拝命しました。所管事項は沖縄及び北方問題に関する対策樹立。関係する国民や専門家の声に広く耳を傾け、対策樹立の責務を果たしていきます。     就任後、同委員会委員部と調査室から、所管事項の詳細...

「国会会期末を迎えて」


本国会(第186通常国会)では財政金融委員会、決算委員会、統治機構調査会に所属し、議論を行いました。   特に決算委員会では合計4回(全10回中)質問に立ちました。 厚労省不正入札問題(4/7)、 集団的自衛権行使の閣議決定問題(4/14)、 弁護士を養成する法科大学院制度問題(4/21)、会計検査院の天下り問題(5/...

96条改正について専門家と考える


このところ、論壇では憲法96条改正についての議論が散見されるようになりました。96条は憲法改正手続きについて定めた条項です。衆議院と参議院、それぞれ2/3の議決を経た上で、国民投票にかけるというのがその内容です。 議論のうち、私が本質的な問題提起をしていると感じたのは、ローレンス・レペタ明治大学特任教授の意見 http://blogos.com/article/56880/ と橋下徹大阪市長の...

本会議 日銀総裁人事


今日はこれから参議院本会議。安倍総理の施政方針演説を始めとする「政府四演説」を聞きます。 ところで日銀総裁人事案が報道されています。 参議院での同意は3月中旬の予定。 今回の人事案については、日本経済の破綻を避けるという視点から、熟慮し判断する考えです。...

2013年の政治課題とは


明けましておめでとうございます。 さて、昨年の総選挙を経て新政権が発足しました。安倍総理は金融、財政、安保、憲法等において新たな政策を取る姿勢を打ち出しています。私は本年を貫くキーワードは「金融・財政」、7月の参院選後のキーワードは「憲法」だと考えています。そこでこれらキーワードを基に、今年の政治を見通してみましょう。 まず「金融・財政」です。総選挙中より安倍総裁は、日...
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ