前参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【参議院行政監視委員会は山下栄一委員長の業績に学ぶべきである】


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200131-00000072-ann-pol 【報ステ】公明党が批判「公文書改ざんは国会軽視」 1/31(金) 23:30配信 「公文書の改ざんは国会軽視とのそしりを免れない」(太田議員) とあります。 国会審議にお...

「桜を見る会」、国会審議で内閣の憲法違反(第73条1号違反)を問うべきである


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000053-asahi-soci 官僚怒る 桜を見る会で処分は「トカゲのしっぽ切り」 1/21(火) 20:16配信 「公文書管理法に基づいてしっかりと対応していくことが極めて大事であり、そういう意味で現場の責任者に、そうした対応(厳重注意)をさせてい...

【行政監視・・・・・学問的研究が著しく低調である中、国会関係者の責任は重大です】


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00010002-nipponcom-pol&p=2 “超変則”な日本国会の構造:官僚の疲弊問題にもつながる課題が 野中 尚人 学習院大学教授・法学部長 1/17(金) 15:38配信 「党派的な対立を超えた実務的・専門的な...

【新憲法研究会】荒井達夫千葉経済大学特任教授が、ポール室山氏の講演原稿で政治学の授業


荒井達夫千葉経済大学特任教授が、ポール室山氏の講演原稿(添付資料)で政治学の授業を行いました。 以下は、荒井氏からのご報告です。 【添付資料】2019 第4回新憲法研究会講演原稿・ポール室山   https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20191210...

第4回「新憲法研究会」のご案内


12月2日(月)15:00~18:00、参議院議員会館B101会議室において、第4回「新憲法研究会」を開催いたします。 当日は、ポール室山氏を講師にお迎えし、「日本で行政監視を如何に可能にするか?-アメリカからの提案」について、基調報告をいただく予定です。 ご出欠のご都合は、12月1日(日)までにFAXにてご回答くださいますようお願い申し上げます。 ...

【「参議院人事行政監視院+衆議院会計検査院」で国会審議が劇的に変わる】


https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201906/CK2019060202000141.html 予算委 開かれず 衆院3カ月、参院2カ月  2019年6月2日東京新聞朝刊 「議論をすれば選挙に不利になると思っているのは明々白々だ」(立憲民主党の枝野幸男代表) 「各委...

【参議院決算委員会で「参議院人事行政監視院+衆議院会計検査院」構想を説明しました】


本年6月3日の参議院決算委員会において、「参議院人事行政監視院+衆議院会計検査院」構想を提案、説明しました。 添付資料をご覧ください。 この構想が実現すれば、行政の内部統制機関(会計検査院、人事院、総務省行政評価局)の機能不全問題は解消し、公務員不祥事の防止に大いに貢献することになります。 全ての公務員を含め、全国民の皆様が関心を持っていただけ...

【「内閣は、法律を誠実に執行する」(憲法第73条第1号)の意味・・・・・国会議員が憲法解釈をつくる】


添付資料をご覧ください。 「内閣は、法律を誠実に執行する」(憲法第73条第1号)の解釈について、風間直樹と西田議員の議論です。 ここで「誠実に」とは「主権者国民に対して誠実に」の意味で理解すべきである。 「誠実に」するには誰か相手がいるわけで、法律の執行では当然「主権者国民に対して」と考えるほかないからです。 行政監視機能の強化...

【行政監視機能の強化は国会の議員と職員にしかできない・・・・・国会関係者は肝に銘じて議論すべきである】


http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480072238/ 官僚制と公文書 ─改竄、捏造、忖度の背景 新藤 宗幸 著 刊行日: 2019/05/07 著名な行政学者による最新の著書ですが、「行政監視」に関する言及がありません。 今日、行政監視機能の強化が叫ばれる中...

【問題の本質は、法律を誠実に執行する政府と官僚機構をつくるという行政監視機能の強化にある・・・・・「西田実仁議員」の超重要質疑です】


添付資料をご覧ください。 続発する重大公務員不祥事の中で、本当に考えなければならないことは何か。人事院総裁の曖昧な答弁を受けて、西田議員が明快に述べています。 「ルールを変えても実際にはそれが守られなければ意味がない・・・・・問題の本質は、やはり法律を誠実に執行する政府と官僚機構をつくるという行政監視機能、この強化にある」 以下もご覧ください。 http://www.kaza...
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ