前参議院議員 風間直樹 公式ホームページ

新憲法研究会

Constitution

【財務省森友学園事件、人事院は公務災害認定の再調査を行うべきである】


https://www.asahi.com/articles/ASN3L6HX4N3LPTIL01F.html 「内閣吹っ飛ぶ」森友文書改ざんで職員 遺書は震える字 「公務災害とは認定されたが、開示された資料は大半が黒塗りでその理由もわからなかった」 とあります。 ・赤木氏の「遺書」が遺族により公開された以上、公務災害認定の関係...

【財務省森友学園事件、「パワハラとキャリア制度の関係」を人事院は調査し内閣に報告すべきである】


https://bunshun.jp/articles/-/36667 週刊文春2010.3.26掲載の「赤木俊夫氏が遺した「手記」」の中に次のようにあります。 「パワハラで有名な佐川局長の指示には誰も背けないのです」「近畿財務局の幹部をはじめ、誰一人として本省に対して、事実に反するなどと反論(異論)を示すこともしないし、それができないのが本省と地方(現場)で...

【安倍政権の下で無法地帯と化した霞ヶ関をどうするか】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00010000-videonewsv-pol 安倍政権の下で無法地帯と化した霞ヶ関をどうするか/新藤宗幸氏(千葉大学名誉教授) 3/21(土) 21:38配信 「今、霞ヶ関がどのような状態に陥っているのか、どこに問題があり、そのために何がなされなければなら...

【財務省森友学園事件で赤木俊夫氏が遺した「手記」について・・・・・事件の背景には国家公務員のキャリアシステムがある】


https://bunshun.jp/articles/-/36667 週刊文春2020.3.26掲載の「赤木俊夫氏が遺した「手記」」の中に次のようにありました。 「パワハラで有名な佐川局長の指示には誰も背けないのです」「近畿財務局の幹部をはじめ、誰一人として本省に対して、事実に反するなどと反論(異論)を示すこともしないし、それができないのが本省と地方(現場)である財務局...

【検事総長については「国会同意人事」の仕組みを採用するのが良い】


検事長定年延長問題で法務大臣による説明拒否が話題になっています。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000066-asahi-pol 「個別の…」36回リピート 法相、定年延長の説明拒否 3/6(金) 17:47配信 「黒川さんに定年延長を誰が説明したのか」「あなたが発案したのか、下から上がってきたのか」...

【参議院行政監視委員会は山下栄一委員長の業績に学ぶべきである】


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200131-00000072-ann-pol 【報ステ】公明党が批判「公文書改ざんは国会軽視」 1/31(金) 23:30配信 「公文書の改ざんは国会軽視とのそしりを免れない」(太田議員) とあります。 国会審議にお...

「桜を見る会」、国会審議で内閣の憲法違反(第73条1号違反)を問うべきである


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000053-asahi-soci 官僚怒る 桜を見る会で処分は「トカゲのしっぽ切り」 1/21(火) 20:16配信 「公文書管理法に基づいてしっかりと対応していくことが極めて大事であり、そういう意味で現場の責任者に、そうした対応(厳重注意)をさせてい...

【行政監視・・・・・学問的研究が著しく低調である中、国会関係者の責任は重大です】


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00010002-nipponcom-pol&p=2 “超変則”な日本国会の構造:官僚の疲弊問題にもつながる課題が 野中 尚人 学習院大学教授・法学部長 1/17(金) 15:38配信 「党派的な対立を超えた実務的・専門的な...

【新憲法研究会】荒井達夫千葉経済大学特任教授が、ポール室山氏の講演原稿で政治学の授業


荒井達夫千葉経済大学特任教授が、ポール室山氏の講演原稿(添付資料)で政治学の授業を行いました。 以下は、荒井氏からのご報告です。 【添付資料】2019 第4回新憲法研究会講演原稿・ポール室山   https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20191210...

第4回「新憲法研究会」のご案内


12月2日(月)15:00~18:00、参議院議員会館B101会議室において、第4回「新憲法研究会」を開催いたします。 当日は、ポール室山氏を講師にお迎えし、「日本で行政監視を如何に可能にするか?-アメリカからの提案」について、基調報告をいただく予定です。 ご出欠のご都合は、12月1日(日)までにFAXにてご回答くださいますようお願い申し上げます。 ...